むりむりちゃん日記

春が来てあちこち出かけていろんなこと始めてます~🌷

放浪記〈映画『湯を沸かすほどの熱い愛』をみた。【注】悪口です。〉

あんまり機嫌がよくないので、悪口を書きます。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』

これは最悪だったな。年末、テレビでやっていた。

宮沢りえ、観とく方がいい? と思って、実際のところめちゃくちゃ忙しかったけど(ハンコ彫るのに)、付けといた。

映画って戌のハンコ彫りながらみれんのかなと思わないでもなかったけど観れた。

あらすじ

 

宮沢りえが良母で良人間なのであった。

双葉(宮沢)は、ダメ夫(オダギリジョー)が家業の銭湯をそのままにして出ていった(何でだっけ)から湯を止めざるを得なくなり、パートに出ながら一人で中1の娘育ててるんだけど、娘学校でいじめられててクラスの女子に美術の絵目の前でぐちゃぐちゃに塗られる延長で制服も塗られて呼び出されたけど、娘「自分でやった」って言い張って、今度は体育の時間に制服隠される(綺麗にしたのに)っていう(このへんでオダギリ帰ってくる。なんでだっけ……)、けっこう行き着くとこまで行ってる絶望展開なんだけど、朝起こしに行ったら「学校休む。行きたくない。」ってとうとう言って(行くならジャージです。スクールジャージ)、すると宮沢…っていうか双葉、いつもやさしいのに急に般若になる。

「行きなさい!! 今逃げたらこれからも逃げ続ける人生になる!👹」

で、無理やり行かす。牛乳だけ飲ませて。

 

遅れてジャージで教室に入ると女子達、

「いま体育じゃないんですけど~。」

みんなクスクス。

娘、席にたどりついて、急に脱ぎだす。

教師(男)「ちょ、ちょっと! 何してる! やめなさい!」

娘「だって今は体育じゃないから。」

そのまま上下の下着だけになって突然嘔吐。牛乳吐く。

このエピソードは後に娘の中で、

“逃げずに自分をつらぬく生き方をしたい。母(宮沢)みたいに……。少し近づけた……自分。”

みたいなことになっていくんだけど、何がいいのか全然わかんない。

逃げることの否定はほんとうにやめてほしい。別に、どうしてもそれがいいたいならほかの題材でやってくれたらいいけど(やだけど)、「学校」の設定をやめてほしい。学校はそんなことまでして行くところではない。

怒りスイッチON

 

娘はかたくなに言わなかったけど、クラスでいじめられてるのは明らかで、双葉も(てか誰もが)知ってたはず。そこにひとりで強制的に行かせるのは頭おかしい。加害者と一緒に居させることになるじゃん。

クラスで脱ぐ描写も圧倒的に嫌。見たくないし、そんなことしても効果はない。このセクハラ大国ジャパンでは、性的イメージの掻き立てられる文脈に利用されて(しかも彼女発信として)、恐れられるどころかさらに下の地位に貶められるだけのただただ危険な行動。そのうえ、言いたくないけど、発達途中の中学生の女の子だよ。

何より、そんなこと、させたくないんだよ!! 映画でもよー。

 

「脱ぐ」ことが、苦境を打開したり人を黙らせる装置として作用した「ふう」に描かれていることが嫌。そんなものは大人のエゴでファンタジー。ていうか男の。中学生の女の子が、一人で考えてこれをやったとしたら(やったんだけど)かなり重症で、それはそこまで放置して追い詰めた大人の責任だと思う。

 

脱いだ後、画面ではクラス中が圧倒されており、彼女が運ばれた保健室に犯人によって制服がこっそり届けられるっていう結末。

なんじゃそら。

全部おかしい。とにかく気持ち悪かった。ぺらっぺらの世界観。のくせに暴力性をはらんでる。

 怒ってます……

 

挙げ句、双葉は不治の病で、でもひた隠しにしてとにかく自分亡き後のことがうまくいくようにひたすら根回し(本当の母と季節の贈り物とお礼状ひそかに送りあって交流続けさせるとか)&準備(本当の母と将来交流できるようにさせるため幼いころから手話習わせとくとか)。

その献身が感動ポイントなんだけど、制服事件で双葉のこと嫌いになったからもう全然受け入れ不可能だった。ていうか周到すぎて怖い。いや、病のことは突如降りかかったことだっけ。じゃあ自分亡き後っていうか、そもそもそうしてたわけね。聖母か。

物語の根幹に一切かかわらない(ただ銭湯の主というだけの)オダギリジョーが、ただただかっこよかった。それだけ。

 

「逃げちゃダメ」とか、いじめには思い切った手段で対抗(「脱ぐ」とかの)、っていう日本古代の伝承、なんとかならんのかな。これがテレビで垂れ流されるって罪でしょ。

 思い出して、さらに怒ってます……

 

おそろしいことを思い出した。「脱ぐ」場面以前に、何かの拍子で下着の買い替えが母子の間で話題になって、双葉が、「大人の下着を買おうか」って言う。娘は「まだいいよ」と言うけど、「見せても恥ずかしくないようなの買いに行こう」みたいなこと(正確な文言忘れた)言って買い替えるんだった。

で、さっきの事態(「脱ぐ」)が起きる。

 

つまり、母の言葉は布石なわけ?

やっぱり何もかも母の言う通りだったねみたいな? 

むしろ脱いでもこの新しい大人の下着だから大丈夫的な?

今ここに一緒に母がいてくれる系の?

 

きーもーいーーーー。なんだこれ。めちゃくちゃ気持ち悪いんですけどー。母に対する圧倒的で無敵のロマンがこわいよ。誰の趣味。変態じゃん。おえーーっ。

 なんかすみません・・・(でも反省してない)。

 

機嫌悪いときは嫌いな映画について書くのがよしこ……。

f:id:murimurichan:20180308150821j:plain