むりむりちゃん日記

春が来てあちこち出かけていろんなこと始めてます~🌷

ハラスメント考

誰の分析もいらないのですが、自分のハラスメント気質に気付いてどうしようもないので書いておく。

セクハラ事務次官財務省の対応を見て自分が職場で受けたものがやはりまぎれもなくセクハラだったのだと確認して気が狂いそうになるけど、

同時にその私が別の場所でハラスメントをしていると気付く。モラハラ

実家の母とか妹とか。

一族で一番賢くて男がいない環境だと女でも家父長になる。

物事の価値を決める存在になる。

言い負かしたり、意見を軽視したり、自分の意見の凄さをわからせようとしたりする(全部同じ。)

自分の意見ったって、結局ぼんやり浮かんだものが信頼する知識人の言葉によって裏付けられたことにより承認を得た気になって振りかざしているにすぎないくせに、あたかも自分由来で自分発信みたいな顔をして大威張りで(空威張り)。

それだけ彼女たちが「知」から隔絶している(ほとんど昼間のテレビしか情報源がない。)ことによる無知だと身に染みて知っていることによる苛立ちが根底にある。のは言い訳。

家父長としての啓蒙の責任もある。自負してもいる。きもい。

えらそうな発言だけしてニュースや新聞を読んでばかりいて、家事も手伝いも全くしないから、ただのモラハラ男だな、とよく思う。彼女たちは無言で私の世話をする。

これは私の中の男脳だと思う。家族にやさしい言葉をかけてあげることができずに権力を振りかざして脅し、甘え、機嫌をうかがわせている。

だから帰ってくんなよと自分で思う。

この方程式に当てはめてみれば、私は、知らず、癒しを求めているんだろうなあ。男が女性に求めるように。内地の日本人が沖縄に求めるように。きもい。

ハラスメント野郎の気持ちがわかるようになるぐらいだったら生きていたくないなと思う。

 

自分が受けたハラスメントから回復していない。

そのせいで、何事に対しても当事者の感覚が抜けず、自分のこととしていつまでもしつこく追ってしまうし、この手の事件を見定めたくて、つまり自分の正しさが承認されるまで考え続ける。

だからって翻してさらなる弱者(気付いていない人、声をあげることができない人)に向かってハラスメントするって悪辣すぎるでしょ。

 

とか言ってるうちに自家中毒で気持ち悪くなり寝ました。

しだいに落ち着いてきて、なんでやさしくできないんだろう(答え:恥ずかしいから。)、ひどいことしてしまった、なのにやさしくしてくれる、と後悔の念続々。

これもDV夫が暴力ふるった後でやさしくなるやつ……。

結局実家は桃源郷なんだろうなあ。南国リゾート。

それぐらいの距離が、暴力振るわないためには必要。