むりむりちゃん日記

春が来てあちこち出かけていろんなこと始めてます~🌷

第1回退職記念お話会① @神社 3月25日(日)11:40~

張り切り結婚式気分で、9:00に今回のスタッフ~(ディレクターとAD)を呼び集めて公民館で打ち合わせ。

本日の概要を説明し、「以上!」と言ったら、

「今やることってそれだけ? 集合早いわ!」としかられる。

 

ひまなので神社に移動してロケハン、小物準備、リハーサル、おしゃべり。

この日のために手に入れた自撮り棒をみんなで習得する。

神社のそこここでイベントをしていておもしろい。

ミニバスケ講習会、クイズ大会、人形劇、はがきづくり、森林探検。

一週間前に来てみたときは閑散としていた。

今日はアートで、いい雰囲気。

 

スタッフで記念撮影。

快晴の青空と赤い拝殿がきれい。

快晴元年の始まり

「次の元号は「快晴」なんだよ。『H』みたいに『K』って書くんだよ~」

とADに言ったら信じてくれた。

 そういうところが好きです。

 

公民館に戻ろうとしたら聞きに来てくれた友達と遭遇する。

来てくれた! うれしい!!感動する。

ちょこっと早い到着かな??……あ! そういえば案内のはがきを何回も作り直す過程で、集合時間を2パターン作っていたんだった。ひとりでやると間違える。

出会えてよかったよー。涙

 

公民館で予約したいいかんじの和室に荷物を置いて再び神社へ。

友達発見できるかな。

 

藤棚の下に、愛知県からやってきた友達が座っていた。

ここで会うのは不思議な感じ。そして本当に来てくれるってうれしいな。

その後、もう一人、愛知からはるばる来てくれて拝殿の前で出会い、みんなをみんなに紹介する。

時間を過ぎても少し待ってしまったけど、ほかには誰も来なかった。

 

気を取り直して集中する。せっかくの場だから、話したいことを話さなきゃ。

藤棚の下の椅子に座ってもらって話す。私の背後には小さな鳥居と林があって、いい感じがする。外で話すっていいな。

 

お話の内容は、

今回のお話会の取り組みを通して私が学んだことについて》。

友達さがしが大事だと気付いたけど、今までシステムの中(職場)でしか生きてなかったし、疲弊して外の友達との交流を怠っていた。

自分で全然助けを求められない私。「助けて!」って言うの苦手。

恥ずかしい。迷惑がられたくない。断られたら傷つく。

それでも、卒業生に相談に乗ってもらったり、友達に話して助言をもらったりした。

まだまだ勇気が出なくてへなちょこなんだけど、やってみたら、助けてもらえることがわかった。

そしてそれは、空想のなかで求めていたような、

「オンリーワンのベストフレンドの発見」ではなくて、

「断片的に部分的に助けてくれる何人もの友達との出会い」ってことだった。

こうして来てくれる人もいる。

生きやすくするための技法=人に「助けてほしい」と言うこと。

みなさんこれからもお願いします。

というお話。

 

なんだか緊張した。教室での授業や、これまで校内の講堂でやった一斉人権授業でお話するのとは、やっぱり全然違った。

好意ではるばる来てくれた人々に応えられる内容か、

場所はどうか、

三角帽子配ってみんなでかぶるとか変じゃないか(変です。)、

あれこれ急に自信がなくなった。

真剣に一気にしゃべってしまった。1回目の緊張もある。

外で集中して深い話をするのも、されるのも大変、ってことを感じた。

 

歌のコーナーになって、ひとりでやるのもな~と思い、

友達に詰め寄ったら(「この歌知ってるでしょ!!」)、

彼はたじたじとなっていて(「あんまり知らないヨ……」)、

その姿を見た瞬間、自分の強引な感じに気付いて笑えてきて、急に力が抜けた。

すると、みんなも笑った。よかった。そういうことか。

 

三角帽子をかぶったままみんなで拝殿前に移動して記念撮影。

一生懸命自撮り棒を三脚に取り付けようと悪戦苦闘している私に、

友達「今こそ人に頼む時!!」

私「むりーーーーー」

みんな「なんで! 今言ってたばっかなのに!」

私「やだーーー」

その隙に、いつも助けてくれる友達が通りすがりの人に声かけてくれた。

その人もまた、すぐに快諾してくれた。やさしい・・・。

みんなに助けられて生きているなあ~

 

 

僕らは自由を 僕らは青春を

気持ちのよい汗を けして枯れない涙を

 

幅広い心を くだらないアイデア

軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

 

眠らない体を すべて欲しがる欲望を

大げさに言うのならばきっとそういう事なんだろう

誇らしげに言うならばきっとそういう感じだろう

          (奥田民生『イージュー☆ライダー』)

 

 

f:id:murimurichan:20180329182315j:plain

森の学校みたい~△▲

 

後日談

実はこのとき、思いもかけないことが起きていたのです~

 

murimurichan.hatenablog.com